乳酸菌Q&A記事一覧

サプリメントを摂取する上で大きな不安材料となるのが副作用です。せっかく健康や美容のためにサプリメントを摂取したのに副作用でかえって体に害が及んでしまうのでは台無しです。そのため正しい用法・用量を踏まえて摂取していく必要があるわけですが、では乳酸菌サプリメントはどうでしょうか?乳酸菌に副作用というものは存在しないが、服用しすぎのリスクは考慮したい結論から言えば乳酸菌には副作用といえるものはありません...

乳酸菌は過剰摂取にさえ気をつければ副作用のリスクもなく、一日中好きなときに摂取することができます。ですから乳酸菌サプリもご自身のライフスタイルに合わせたうえで摂取するタイミングを決めてよいのですが、その効果を高めることができる適したタイミングというのもあります。基本的には胃酸の影響を受けにくい食後の摂取が望ましいまず基本的な部分として踏まえておきたいのが食後に摂取すること。よく乳酸菌サプリの商品紹...

乳酸菌の効果効能が広く知られるようになったことで赤ちゃんや子供の健康対策に活用しようと考える親御さんも増えているようです。とくにアトピーや花粉症といったアレルギー対策への効果が明らかになったことで使用を赤ちゃん・子供への活用が期待されています。赤ちゃんに乳酸菌を与えて役立つかどうかはケースバイケースただし、この点については乳酸菌を補えば一定の効果が期待できるという意見と、必要ないとの意見が分かれて...

乳酸菌を摂取するうえでも、乳酸菌サプリメントを選んでいく際にも重要なポイントとなるのが「生きたまま乳酸菌を腸まで届けることができるか」です。乳酸菌サプリメントを発売しているメーカーではこの点に対する工夫やメリットをセールスポイントとしているケースが良く見られます。確かに生きたまま乳酸菌を腸に届けられるかは大事なポイントではあるが…ヨーグルトなど食品に含まれる乳酸菌は通常、胃に到達した段階で胃酸の影...

便秘を薬剤で改善を目指す場合には便秘薬と整腸剤という2種類の選択肢があります。この2つは混同されやすい傾向があり、両者の違いをよくわかっていないまま使用するケースも見られます。また便秘で苦しくてどうしようもなくなってしまった場合には便秘薬なのか整腸剤なのか意識せずに手近にあるものを使用してしまうことも多いものです。便秘に直接効果があるか、腸の状態を改善するか、目的によって使い分ける便秘薬と整腸剤の...

便秘の原因となる腸内環境の悪化について説明される際に必ずと言っていいほど取り上げられるのが善玉菌と悪玉菌のバランスです。腸内で善玉菌が減って悪玉菌が優位になった結果腸の働きが低下し、便秘や下痢になってしまう、といった説明がよく聞かれます。最近よく聞かれるようになった「腸内フローラ」という言葉も簡単に言えば善玉菌と悪玉菌のバランスのことです。どちらにも属さない日和見菌が悪玉菌に加わることにより、お腹...

便秘がもたらす意外な影響のひとつに肥満があります。これは単に便が腸に溜まることで体重が増えるといった問題ではなく、脂肪がつきやすく肥満状況に陥りやすいことを意味しています。肥満の原因・運動不足が腸の働きの低下をもたらし便秘になるこの便秘と肥満の関係についてはまず運動不足がよく指摘されます。運動が不足すると腸の働きが低下しますし、脂肪が燃焼されずに蓄積されることで肥満になりやすいからです。この関係は...

運動不足は便秘の大きな原因です。とりわけ現代社会の女性は日ごろ体を動かす習慣がほとんどないことから運動不足と便秘の両方を抱えてしまいやすいのです。ハードな運動をする必要はなく、ポイントをつかんだ手軽な運動を取り入れる手軽にできる便秘予防の運動の筆頭に上げられるのが腹筋運動です。多くの女性に見られる便秘は弛緩性便秘と呼ばれるもので、おもに筋力の低下によって引き起こされます。便を排出するための筋力が不...

便秘解消にはさまざまな方法がありますが、いまとくに人気が高いのが便秘茶とサプリメントです。運動や食生活の改善では即効性が期待できない、かといって浣腸や下剤は抵抗がある、そんな人が手軽に効果が得られる方法としてこれらの方法を活用する機会が増えているのです。便秘茶は下剤の効果があるので、即効性はあるが頻繁に使うには向いていないどちらも健康ブームの後押しを受けて人気を高めている面もあるのですが、両者の間...

便秘対策といえば食物繊維をまず連想する方も多いのではないでしょうか。腸内環境を改善するだけでなく便に水分を吸収させて柔らかくすることで排便しやすい状況にするなど便秘を解消するためのさまざまな効果を備えている成分として有名です。食物繊維には2種類あり、不溶性を大量に摂るとかえって逆効果になるしかしだからとって安易に食物繊維を摂取すると逆効果、かえって便秘や腸内環境が悪化してしまうこともあります。とく...